北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

韓国ドラマ サンオ(サメ) 資料室

sangeo.exblog.jp ブログトップ

ソン·イェジンは、夫を愛していないのだろうか?

ソン·イェジンは、夫を愛していないのだろうか?
「サンオ(鮫)」ソン·イェジンキム·ナムギル抱きしめて涙こんこんと
最終編集2013.07.18 00:42:48

KBS2月火ドラマ(夜10時)「サンオ(鮫)」(脚本キム·ジウ、演出パク・チャンホン チャ・ヨンフン)16日の放送でイスと揺れるヘウと、これを知った夫ハ·ソクジンの苦悩が見る者をがっかりさせる。

カヤホテル会長チョ・サングク(イ·ジョンギル)の孫娘であるヘウ(ソン·イェジン)とチョ会長の運転手ハン・ヨンマンの息子であるハン・イス(キム·ナムギル)は、背景が全く違う。
宮廷のような家で生きるヘウは不和な両親の下で荒み、反抗的な不良学生だった。
そのような彼女の心を理解して諭し、時に叱りった人がイスであった。
二つの愛はそのようにして始まった。

疑惑のひき逃げ事故でイスは死んだし、イスによってヘウは検事になった。

二つの愛を見守りながらもジュンヨン(ハ・ソクジン)はひっそりとヘウを変わることなく愛した。
イスが死んで消えると二人は自然に結婚した。
だが、ソクチンの心の深いところには友人だったイスが不安な影として位置していた。
幸せな新婚の始めにジュンヨンが尋ねたことがある。

"もしイスが生きていても私と結婚したのだろうか?"

検事であるヘウはいつも忙しい。
妻に対してこうしてああしてと一度も文句をつけたり何かを要求したこともなく、妻の話に良く従うジュンヨンはなぜかいつもガラスのように危ない。
オッパと呼びながら夫を尊重するヘウだが、妻としてかいがいしく優しくするのを見たことがない。
ただ妻の席を守っているようだ。

それでもイスが現れる前までは各自の仕事に忠実で安定した結婚生活をよく維持していた。

結婚式の日イスは意図的にヘウの前に現れた。
交通事故で手術し、全く違う顔になったのにヘウはイスに妙に引き寄せられる。
イスは高校の時一緒に心を交わしてした話をふわりと投げかけヘウを困惑させたがそれだけだった。

だが、イスが意図的に接近するので、ずっと会うことになりヘウはイスを一番最初に調べてみる。

イヒョン(ナム・ポラ)を救ってケガしたことを知ったヘウは葛藤してイスのオフィステルに走って行く。
その日ジュンヨンもキム・ジュンがイスであることを一歩遅れて悟り、ヘウの後を追いかけて行く。

イスに会ったヘウはそのままま背を向けた。
イスは部屋に入ったがドアを開けて飛び出す。
ヘウは手にあまるほど沸き上がる感情に包まれ、エレベーターを待つことができなくて階段に降りて行っている。
これを見たイスは初めて自身の感情を率直に表わす。
ヘウを後から抱いて、涙を流して話す。

"行くな! 行くな!"

その話の中には独りで長い歳月固く縛っておいた孤独が、糸のように解けて出る。

再び中に入ったヘウは寝ついたイスを眺めて静かに出てきたが、これをソクチンが見る。
ジュンヨンは大きい衝撃と絶望感で酒を飲み、ひき逃げ事故で死んだ弟がいる納骨堂へ行って座り込む。

"ジュノ! 兄さんだ! 会いたい!"

弟に会いたくて涙を飲む姿のジュンヨンの胸が裂けていくのには言い知れない苦痛が感じられる。
その後、妻には無条件だった俊英が妻を遠ざける。

ヘウは夫を愛して結婚したのではなかったのだろうか?
単純にイスがいないその場を代わりに埋めた人なのだろうか?
幼い時の初恋だったイス! 初恋を越えてヘウに特別な存在であったイスだ。

揺れるのは当然だ。
さらには自身のおじいさんのために人生を亡ぼした。
まだその苦痛の中から抜け出すことができなイスに対して何の関係がなくても熱い憐憫が出てくるだろう。

愛とは何か?
よく感情的な様々な強烈に引かれることで誤った導きをする。
数多くのドラマや小説の中で特別な感情として描写し愛に対してああだこうだと話はするが、私たち皆は依然として幻想を持っている。

その感情ははじまりに過ぎない。
ひとりを愛するために選択する過程だけのことだ。
花火のようにうっとりし、美しくごうごう燃え上がっても、その強烈な花火でも芯まで燃え上がりはしない。
真の愛の完成は結婚することでのみ成し遂げられることができる。

もうドラマで幼稚な感情の遊びに幻惑させる愛から抜けだして、外国人の愛を模倣することから抜けだして、本当の愛を見せてくれるような作家が出ることを期待してみる。

米国開拓時代を扱う映画で平和な1家庭に旅人が立ち寄った。
その旅人は誰が見てもとても素敵で魅力的で立派な男だった。
愛する妻は心が揺れる。
男が一晩泊まっている部屋の前から取っ手を握って苦悩して変わる。
これをすべて見守っている夫は知らないふりをする。
こんなことが本当の愛じゃないか?

自分を放棄し苦痛を乗り越えて成熟することで、お互いを放してお互いを祝福してくれる・・そんな風に真の愛が何なのか長い間考えさせる、そういう愛を見せてくれたらという願いを持って見ている。

http://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=163048


by sang-eo | 2013-07-18 10:49 | ☆NEWS(韓国) | Comments(0)

韓国ドラマ 復讐三部作「復活」「魔王」に続く「サンオ(サメ)」 ファンによるまとめブログ。  記事が多いのでカテゴリーからお進み下さい。★日本の情報 ☆韓国の情報 @JUN


by sang-eo
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
XML | ATOM

skin by excite