韓国ドラマ サンオ(サメ) 資料室

sangeo.exblog.jp ブログトップ

難解・・・orz

あらすじのUPが遅くなってすみません・・・聞こえないんです(号泣)




展開が複雑だからセリフが重要。
確認のために韓国の新聞、レビューをいくつ読んでどれだけ文字を作って意味を調べたか・・・。

この先が思いやられる己の習熟度・・はぁぁあああ情けないorz
 
いくつもの事件と思惑が同時進行で進んでいます。
ドラマの中ですが、私達の生きる世界と同じように、人の数だけ思惑がありますから、混乱必至です。

今が一番混乱する頃でしょう。

これから少しずつ、ラストに向けて伏線や事件、点が線になり、絡まっていた糸がピンと張って明確になって行きます。

一つ思うのは<物事はどこの視点から見るかによって、正義のあり方が変わるということを念頭に見て欲しい>ということです。

チョ・サングクに協力したチョン・マンチョルは、オ刑事には優しいパートナーで子ども思いの優しい夫でした。チョン・マンチョルの奥さんとオ刑事の親しさ、ルームサロンで二人が飲んでいる様子から伝わります。

イスの盗聴をしているチャン・ヨンヒ秘書も、彼女なりの事情があり、目の前に居るキム・ジュンの真実と痛みを理解しようと、動いています。

それぞれは自分の中の正義にのっとって動いているわけですが、それは他人にとっては悪ともなるのです。

少しドラマの中身を読み解くと・・・・オ刑事を殺したのはチョ・サングクであり、チョン・マンチョルの真似をして自分に振りかかろうとする見えない手を消去するための回避行動です。

イスもまた、チョ・ウィソンやチョ・サングクにとっては悪であり、今やヘウにとっても脅威です。
オ・ジュンヨンにとってもハン・イス、キム・ジュン、ジャイアントホテルはありがたくない存在です。

でも、キム・ドンスにとっては自分を雇ってくれた代表であり、素敵な秘書様の居る良い会社なのです。
もちろん、描かれないジャイアントホテルグループの従業員にとっても。

これまでの作品もそうでしたが、この作品も善と悪は表裏一体で、誰の視点で何を見るかで変化する正義、変わってはならないであろう善と悪・・それについて粘着に(笑)描かれます。

考えながら見ると、個人の価値観を問われることになっていく・・・のです。

私的には、答えはありませんでした。
誰の視点で見るか、その視点が変わるだけで答えが変わるからです。

ただ、その変わる答えが私にとって<幸せ>と思えるものか<嫌だ>と思うものなのか。
その違いが私の行動を左右する・・ただそれだけのことです。
しかも、その時々で判断基準は時々刻々変わるのです。

難しく考えずドラマを楽しみたい時は、誰の視点にも同化しないように見れば良い。
イスの痛みと同化するのか、ヘウの救済したい気持ちと同化するのか、愛する人を完全に手に入れられないオ・ジュンヨンに同化するのか、地位と名誉を求めあがくチョ・サングクに同化するのか。

日常の中にはなかなか無いシチュエーションばかりなので同化は難しいですが(笑)

ドラマとして楽しむうちに、結局は自分を見つめ直すことになる・・・私がおもしろいなぁと思って抜けだせない大きな理由の一つです。

さて、古い写真ですが、チョ・サングク少年と独立運動家の写真。
あの青年はオ刑事のセリフのように、ヘウの祖父ではないようです。
では誰なのか?
これまで中に答えが出ています。
オ刑事はその真実に辿りついたために殺されたようですね。

そのあたりはこれから明確に映像で説明があるでしょう。

月曜日の夜まで、またいろいろなレビューを訳して足りていない、聞こえていない部分を補っていきます。

おっと・・・そういえば、実はドラマより衝撃的なことが起こりました。
10話のあらすじ、文字数が多いと500字近く修正させられました。

これからもっと文字数が多くなるに違いないのにどーしましょう。
上下ものにしましょうかねぇ・・

またこんな時間になっちゃいました・・

明日はどどーんと、KBS公式の記事をアップしましょう^^
HAPPYDAYさんの記事と、これまた魔族のウンビさんの面白い記事も待ってますよ^^

では、おやすみなさい!

みなさま良い朝をお迎え下さいね~~~~(*^^*)/~~~
[PR]
by sang-eo | 2013-06-28 02:30 | ■・・思う

韓国ドラマ 復讐三部作「復活」「魔王」に続く「サンオ(サメ)」 ファンによるまとめブログ。  記事が多いのでカテゴリーからお進み下さい。★日本の情報 ☆韓国の情報 @JUN


by sang-eo
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite