韓国ドラマ サンオ(サメ) 資料室

sangeo.exblog.jp ブログトップ

本格2幕「サンオ(鮫)」、キム・ナムギル ソン・イェジン復讐と愛が始まった

本格2幕「サンオ(鮫)」、キム・ナムギル ソン・イェジン復讐と愛が始まった
入力時間:2013-07-02 08:46:57 修正時間:2013-07-02 08:50:37
シンソウォン記者idsoft3@reviewstar.net




遅々として進まなかった「サンオ(鮫)」が折り返しを過ぎ、激しく動き出した。

去る1日に放送されたKBS 2TVの月火ドラマ「サンオ(鮫)」(脚本キム·ジウ、演出パク・チャンホン チャ・ヨンフン)はチョ・ヘウ(ソン・イェジン)の父チョ・ウィソン(キム・ギュチョル)のひき逃げ事故がUSBを通じて世間に知られるようになり、結局チョ・サングク会長(イ・ジョンギル)は息子に代わって国民に謝罪および記者会見を持った。
一方、キム・ジュン(ハンイス、キム・ナムギル)はチョ・サングクのショーに怒りを我慢できず、本格的に復讐の開幕を知らせ、チョ・ヘウはキム・ジュンがハン・イスだという事実を知るようになり視聴者たちのメンタルを崩壊させ地に落とした。

どうせいつかは明らかになることだったが、たった1話の中にすべての事件がこんなに速いテンポで展開がなされるとは予想しなかった。
また、チョ・サングク会長の殺人の役割を代わりにする、殺人依頼をボールペン1つでさっさと処理してしまう人が限りなく優しい中古本屋おじさんということも明らかになり、「サンオ(鮫)」は誰も簡単に信じられない構造に徹底しているということを知ることができた。

これらの中でチョ・ヘウはキム・ジュンからハン・イスを読み取った。
彼が持っていたサメのペンダントが最も確実な役割をし、彼に会って直ちに「イス、やめて。止まって」と涙で訴えた。
これは「君がハンイス?」と言うよりも何倍もハン・イス、そして視聴者にとって衝撃的な言葉として迫った。

犯人が分からないまま追いかけるスリラードラマではなかったが、明らかになるようで明らかにされなかったこれまでの10話は多少緩やかな展開で止まっていたが、今は確実に彼の存在を知ったチョ・ヘウと復讐と愛の間で葛藤するハン・イスがお互いに両側で綱を真っ向から引っ張り劇をダイナミックにつないでいる。

一方、同日「サンオ(鮫)」は2幕の砲門を開き、新たな局面に入って、以前の放送分視聴率7.0%より2.4%p高の9.4%を見せた。
特に同日の番組はMBC'火の女神チョンイが'とSBS'黄金の帝国'が並んで初放送された日で「サンオ(鮫)」が崩壊する危機に置かれていたが早い展開とむしろ既存の視聴者よりもっと多くの視聴者たちを捕らえることができた。

浮袋がなく絶え間なく水中を泳がなければならない孤独なサメやハン・イスは果たして12年前の自分と家族を破滅に追い込んできたチョ・サングクの一家に凄絶な復讐の血の味を見るようにするだろうか。
それともチョ・ヘウが復讐のひもを手放せるようにできるだろうか。

「サンオ(鮫)」は復讐と愛を同時にせざるを得ない2人の男女のメビウスの帯のような極端的な運命を取り上げ、復讐ロマンス劇の新たな一ページを書き下ろしている。
残った半ページで「サンオ(鮫)」の2人の男女がどんな運命を迎えるか、早い展開だけに関心がより集まる。

http://reviewstar.hankooki.com/Article/ArticleView.php?WEB_GSNO=10120660
[PR]
by sang-eo | 2013-07-02 11:15 | ☆NEWS(韓国)

韓国ドラマ 復讐三部作「復活」「魔王」に続く「サンオ(サメ)」 ファンによるまとめブログ。  記事が多いのでカテゴリーからお進み下さい。★日本の情報 ☆韓国の情報 @JUN


by sang-eo
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite